2005年11月02日

大学院入試について

おはようございます。
うまとらです。

月末月初の多忙の中、更新をさぼってしまいました。

Yihoo兄様にアドバイスを頂き、引き続き大学院の検討をしています。
早稲田大学商学研究科
早稲田大学ファイナンス研究科
首都大学東京 経営大学院
筑波大学社会人大学院
が有力候補です。

この中で、筑波大学は今期の出願は終了しています。
更に試験に英語があるので、来年受験するのならかなり勉強する必要があります。

母校の早稲田は商学研究科の募集モジュール「企業価値の創造と評価」に非常に興味があります。
M&Aや企業再生、中小企業経営を研究テーマとしたいと考えており、合致するのではと思って
おります。
但し、まだ募集要項が届いていないので本当に内容が合致するか吟味する必要があります。

ファイナンス研究科は募集要項が届いて検討しています。
カリキュラムと教授陣はすばらしいものがあります。
非常に興味を惹かれています。(やっぱり受講料320万円は痛いですが・・・。)
おそらく学生は、金融やコンサルタント一線級の方々だと思います。
自分の実力がそれら専門の方々とディスカッションできるレベルか考えると疑問符がつきます。
あと、「数学」(統計等)を知らない。
高校の時しっかり勉強していないため、今でも引け目が残っています。(大学受験の時、国公立
の2次に数学が無い学校ばっかリストアップして受験したりしたため。)
議論が出来るレベルと数学等々を考えると、今年の募集では無く一年間基礎力を付けてから
来年受験する方が良いかも知れません。
焦ることも無いですし、証券アナリスト(一次レベル)や基本的な数学、AFP程度の勉強を
してから通った方が自分にとっても有益かなとも思います。

首都大学東京も検討中です。
早稲田ファイナンスの方が魅力的ですが、こちらはMBAカリキュラムのため全体的な勉強を
出来る利点があります。特に今のレベルを総合的にアップするのに非常に適しているのではない
かなと思っています。
M&Aや企業再生、中小企業経営といったテーマで論文を作成していく方向も非常に有益と
考えています。
ターゲット層に「公的機関だが民間経営を知るべき管理者」が入っており、自分にも合致する
ところが多いです。授業料も魅力の一つです。
でも、一番の問題点は受験日!
11/26なのですが、その日は診断士更新研修の運営委員の仕事を請けおってました。
ここで不義理をすると二度と診断協会に関われなくなるでしょうから、残念ですが断念の方向に
なりそうです。本当に残念。

posted by うまとら at 11:49| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うまとら先生、こんばんは。

筑波大学の大学院は、噂で聞いた限りでは、本当に英語で落としてくるそうです(受けたい専門分野の先生が内輪で採点するのではないという話も聞きましたが、本当かどうかは不明です)。
でも、前の記事で書かれていた「母校」に大学入試で合格されるようなかたでしたら、問題ないと思うのですけれども・・・?

いずれにせよ、今だからこそ、大学入試の時の偏差値みたいなものはないですから、中身で決めたいところですね。
私は、ある分野の基礎学力をもう少し付けてから進学すれば、もっと学生生活を意味あるものにできただろうかとやや反省中です。とはいえ、前に進むしかありませんが。

ぜひ、よいスタートを選んでください!
Posted by apple at 2005年11月02日 17:41
投稿名でjapanと書いたらgoヒ○ミを歌いたくなってきたyihooです。時差ぼけで目が覚めてしまいました。。。。

・英語で授業が行われる場合ならば、受験の英語科目より、母国語の外人に混じって授業(予習復習グループワーク)についていく方が実際きついでしょう。試験は最低授業についていける力があるかどうか試されていると考えるべきでしょう。

・参考文献やケーススタディなどは和訳されていない場合が多いのでソレを原文で読める力が求められると思います。ただし気合(想い入れ)と慣れの部分が大きいと思いますので、うまとらさんだったら大丈夫でしょう。英会話力やTOEIC等とは異質です。

・職業にしている程の専門家が知識もってて当たり前なので気にしない方がいいです。場合によっては最新の状況やトレンドは教授なんかよりももっている場合が多いです。教授がハーバードから来ててもですよ。別の畑で活躍した方が、知識や技能の修得を目的としてきているのですから、企業派遣で箔つけにくるのとは目的意識が違います.むしろうまとらさんのように多様な経験があり「本当」に企業再生に携わっている方の方が「強い」と思いますよ。知識協議会ではありませんから。

・「統計」は恐らくカリキュラムにはいっていると思いますので、ソレさえしっかりやっていれば大丈夫、態々事前に勉強する必要などないと思います。ロジ財の後半パートを読みかえす程度では。よほど授業で困ったら専門家のクラスメイトに聞きましょう。yihooもプロにいつも聞いてました。

「恐れずに足りず」です。んでは。
Posted by yihoo@japan at 2005年11月03日 03:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8878040

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。