2005年09月26日

国の中小企業関係予算について

おはようございます。
うまとらです。

ちょっと仕事に関係のある話をします。
うまとらはいわゆる中小企業支援の経営診断をやっているわけですが、
いつも疑問に思っていることがあります。

国の中小企業関係予算は 約1400億円です。

それに対して農業関係予算は 約3兆円なんですよね。

税収に関しては、当然ですが中小企業からの方が多いです。
それに対応した資源配分が出来ているのか?といった点です。

農業関係の予算を減らして、中小企業関係予算にまわして欲しいぐらいです。

将来的に、公的金融機関が統合されることが視野に入っています。
うまとら自身は、商工中金、中小公庫、国民公庫は残して欲しいと思っています。
日本の中小企業は金融機関からの融資で成り立っており、今回の改正結果如何では
その根底を覆しかねないと危惧しています。
posted by うまとら at 11:06| 千葉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えっ・・・そんなに格差があったのですか?!(驚)
うそぉ〜・・・結構ショックです。
やっぱり泣くのはサラリーマンなのかしら?
Posted by アイーマ at 2005年09月27日 00:30
>アイーマさん
 おはようございます。
 そうなんです。結構格差があるんですよ。
 中小企業診断士が増えないのも予算に制限
 があるからなんでしょう。

 サラリーマンはつらいですね。
 早く諸先輩を見習ってプロコンにならない
 といけないかな?
 まあ、その場合でもクライアントである
 中小企業の収入が増えた方が良いわけで
 やっぱり中小企業関係予算は拡大させて
 ほしいものです。
Posted by うまとら at 2005年09月27日 09:48
Wifeの実家が農家だからというのもあるんだけど、「予算削減」の前に「予算の使い道」を考える方向性で進んでくれると嬉しいんだけどなぁ。

日本から農業が消える日が来ないことを祈って・・・・。




Posted by konick at 2005年09月27日 22:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7328513

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。