2005年08月24日

白書から解答を作る?

こんにちは。
うまとらです。

せっかく診断士受験生の閲覧が多いので、いつものトラネタ
じゃなくて、2次解法ネタで書きます。

ゴリラさんから問い合わせのあった一般論という考えについて、
中小企業白書から解答を探すという考えと共に書きます。

いろいろな受験機関で意見が分かれており正解は無いと思います。
なので、うまとら個人の勝手な意見だと思ってください。

白書から2次の解答を作ることは良いのか?
うまとらは「ダメ」だと考えています。
2次の事例は、ジオラマみたいなものです。
材料の活用方法は、その中で決めないといけないはずです。

設問で「A社モラール低下の原因を述べよ。」と問われた場合に
解答で「原因はである。その理由はである」と答えるとしましょう。

まず、結論であるはA社というジオラマの中の情報から持ってくるしか
ないですよね。
ここで隣の人が作ったB社いうジオラマから結論としてを持ってきたと
しましょう。それは、A社というジオラマの中の答えではありません。
例えば、それが中小企業白書にあるC社という内容でも同じはずです。
という結論は、A社というジオラマの中から選択してこないかぎり
一般論でしかありえないんですよ。

また、理由であるの部分に白書の知識を持ってきたらどうなりますか?
A社の原因はであると結論付けた。でもその根拠はA社というジオラマ
に関係の無いC社(白書)のジオラマの中から取ってきたことになります。
それが本当に根拠として成り立ちますか?
それこそ一般論でしかありえません。

環境分析の問題だって同様です。
求められているのは、A社というジオラマの環境分析です。それを他のジオ
ラマから取ってきて答えですって言えますか?

経営相談を受けた時に環境分析する前の予備知識として白書や業界情報を
知っていた方が良いのは確かです。
但し、相談企業はその企業特有の戦略を採ってきたはずです。だから、知識
をそのまま当て嵌めようとするのは間違いです。
相談企業に合った一般論で無い経営相談が求められているはずです。

コメントをさせていただいている事例バトンの方々に、うまとらの基本的な
考えを知ってもらえばと思って書きました。
今回は、一番重要な結論部分は書いていません。
事例を解いていく上でたどり着いて頂ければと思います。
posted by うまとら at 12:49| 千葉 | Comment(6) | TrackBack(0) | 中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うまとらさん。
TB及びアドバイスありがとうございます。
>相談企業はその企業特有の戦略を採ってきたはずです。
>だから、知識をそのまま当て嵌めようとするのは間違いです。
>相談企業に合った一般論で無い経営相談が求められているはずです。
まだまだ勉強不足な自分ですが、自分の経験上において、これ以上に無いアドバイスではないでしょうか。
私は白書については企業総体の動向把握
(今後の方向性)と捉えてます。
一番重要な部分は自らが発見せねば、活路の道につながらないでしょう。
本当に勉強って奥が深いですよね。
(当たり前の事か)(-_-)ゞ゛
Posted by ゴリラ at 2005年08月24日 13:22
うまとらさん、こんばんは。

先日は失礼いたしました。うまとらさんの考えを否定するつもりは毛頭なかったのですが、私の書き方が攻撃的でした。反省しています(コーチ失格、ですね)。

以前のうまとらさんのエントリーを読ませていただきました。至極、おっしゃるとおりだと思います。また、今回の白書の件も、同感です。
個人的に、2次の教材で白書の事例を使う受験機関は、オリジナルの教材を作る能力がないか、手抜きをしているか、どちらかだと思っています(←攻撃的ですね、ごめんなさい)。

受験生の大半は、2次の勉強をどうやっていいのか、悩んでいると思います。そのような中、合格者の意見は、もちろん合格という結果を出していますから、大変有意義です。しかし、それを鵜呑みにせず、ぜひ受験生自身の頭で、合格者が言っている意味を考えてほしいなあ、と思っています。もちろん、合格者(他人)の意見に素直に耳を傾けたうえで、ですけどね(汗)。

追記
実は、私は、うまとらさんが応援されているチームと首位争いをしているチームを応援しています(笑)。3ゲーム差ですね!
Posted by 匿名希望のA at 2005年08月25日 00:09
>また、理由であるYの部分に白書の知識を持ってきたらどうなりますか?
>A社の原因はXであると結論付けた。でもその根拠はA社というジオラマに関係の無いC社(白書)のジオラマの中から取ってきたことになります。
>それが本当に根拠として成り立ちますか?
>それこそ一般論でしかありえません。



私もうまとらさんの見解と全く同じです。
深く同意します。
Posted by kurogenkoku at 2005年08月25日 06:07
うまとらさん、こちらには初めてお邪魔します☆
うまとらさんの言葉に「うんうん」と頷いていながらうっかり道を踏み外していそうな気がするのがコワいです(笑)。奥底から自分自身の「確信」として、解答できるように精進します。
Posted by アイーマ at 2005年08月25日 06:42
>ゴリラさん

2次の勉強は、結局自分で身につけるしか
ないと思っています。
その参考になればと思って、コメントを
書かせていただきました。

>匿名希望のAさん

コメントありがとうございます。
このブログではトラネタばっかりなので、
心象を害しました(笑)?
2次の勉強法については、今後もアドバ
イスやコメントを頂ければとありあがた
いです。
私自身も非常に勉強になりますので。
宜しくお願いします。

>kurogenkoku さん

はじめまして。
ほとんど野球ネタのブログですが、たまに
診断士ネタもするのでまた来てください。
経営指導員の質向上のための方策に期待
しています!

>アイーマさん

こんにちは。TBやコメントを勝手にさせ
てもらっていてすみません。
2次の勉強は、最初は大変ですがそのうち
楽しくなりますよ。二度と1次の勉強は
したくなくなります。(笑)
今年は、関西の打ち上げにも是非参加した
いです。去年きんぜうさんもおじゃました
みたいですしね。
Posted by うまとら at 2005年08月26日 08:58
こんにちは、ぱらだいすです。

悩んでいた「一般論」の姿がなんとなくですが見えました。
実際に問題を解くときにはまた悩みそうですが・・・

>求められているのは、A社というジオラマの環境分析です。それを他のジオラマから取ってきて答えですって言えますか?

うまとらさんの文章にはまりそうです。
Posted by ぱらだいす at 2005年08月27日 17:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6192191

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。