2005年07月30日

巨人の視聴率低迷について

うまとらです。
こんにちは。

一昨日の巨人戦の視聴率が5.2%と非常に悪かったらしいです。
まず第一に放送開始で9−0で巨人が負けていたことが原因でしょう。
うまとらでも9−0で負けていたら見ません。
勝っていてもたぶん見ないでしょうね。

視聴率低迷が続く理由はたくさんありますが、最大の原因は
「勝てない」に尽きるでしょう。
阪神の低迷時代は、うまとらみたいなコアなファンが応援していましたが、
今よりもっと球場に足を運ぶ人は少なかったと思います。
やっぱり強くないとダメですね。

次に「チーム作りが出来ていない」ことが挙げられると思います。
明らかにバランスの悪いスタメンメンバー。
長打力を兼ね揃えた一流のバッターが揃っていますが、ただそれだけです。
潤滑油となる川相のような選手がいません。
だからソロホームランの危険性はあっても、打線が繋がることが少なく怖さ
の無い打線です。

また、無意味に高い年棒を取るベテランが多すぎるのも原因でしょう。
清原や江藤、元木などが年棒通りの活躍をしているとは到底思えません。
これでは優秀な若手が伸びないし、ベテランが多すぎると負けが込むと
すぐにチームワークを捨てて個人成績に走ってしまいます。

最後に投手陣の弱体化。
あんなに良い選手をドラフトで取っていてこの惨状はなんなんでしょう。
木佐貫、内海、野間口、と一流だらけです。
育成に問題があるとしか思えせん。
また、阿部のリードにも問題があるのでしょう。

今年のオフは、ベテランをリストラすることでチームの再構築を行う必要が
あるでしょうね。カブレラを取って喜んでいるだけなら何も変わりません。

まあ堀内監督はクビでしょう。
次は原監督かな・・・。
あんまり巨人が強いのもイヤだけど、ある程度はやってくれないと張り合いが
ありません。

posted by うまとら at 13:36| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。