2005年12月09日

M&Aが活発化してます。

うまとらです。

レコフの統計資料によると、M&Aの件数が過去最高を記録しました。
皆さんM&Aと言うと何を想像しますか?

楽天のTBSへの合併交渉。
ライブドアの買収劇。

などなどが思いつくところでしょうか。

実際の割合を見ると。
合併   4%
買収   40%
営業譲渡 15%
資本提携 30%
出資拡大 10%

になってます。

ここで資本提携と出資拡大はM&Aなのか?と思った方いらっしゃると思います。
M&Aの定義には2種類あるんですよ。

広義狭義
(こんなこと診断士試験には出ないので、診断士受験生は知らなくてもいいですが。)

広義のM&Aとは、会社の経営権の移動のみを伴うM&Aだけでなく、
資本提携といった会社の経営権を伴わない提携等も含みます
一方、狭義のM&Aとは純粋に経営権の移転のみを伴うものを指します。

企業の戦略の一つとして、M&Aが大きなウェートを占めてきたのは間違いないでしょう。
posted by うまとら at 10:15| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | M&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10425509

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。