2007年06月06日

製造業のグローバル戦略

うまとらです。

しばらく更新をストップしていましたが、授業の備忘録をつけた方が
頭に残るのでまた更新を始めることにします。

月曜日は、8限(20:35〜22:05)に「企業経営におけるグローバル戦略」
の授業を取っています。

<6/4(月)>
講師:ある分野で日本bPの工業用製品メーカー相談役(前会長)

テーマは90年代にポーランドの国営会社を買収したプロジェクトにおける
トップマネジメントの意思決定であった。

全体として、非常に分かりやすく面白い講演だった。
講師は相談役に退かれていらっしゃるが、まだまだ現役という
迫力をお持ちだった。

プロジェクトの進行状況や意思決定にスポットを当てた講演で
あったので詳細には語られなかったが、カントリーリスクの高さ
の判断や、技術力、投資対効果の検討には十全の準備をされていた
みたいである。

政府を相手にした交渉は困難が付きまとうと思う。その中で、当
プロジェクトを成功に導いた最大の要因は、@長期的な経営戦略
の観点からグローバル戦略の中で落とせないM&A案件であると
いう認識が共有された点と、Aトップのリーダーシップが発揮さ
れた点であろうと感じた。

数字上で収益性や企業価値について計算するといったテクニカル
な面ではなく、意思決定は長期的な観点から見た投資意思決定が
求められることを痛感させられた。

また、質疑応答では日頃実務上の相談が多い、クロスボーダーの
M&A案件における、ポストマージャー後の重要な点について質
問をさせて頂いた。
ご回答の中では、「技術と、技術を的確にコミュニケートする。
そして、ものづくりは文化であり、買収先企業の人間を如何に
巻き込むことが出来るか。」という点についてお話し頂いた。
また、「3年、5年、10年といったタイムレンジ」で経営を
考えて手を打つことの重要性を改めてお話しをされた。

我々は、MBAで意思決定のための資料作りの勉強をしていること
が多い。
リーダーとしての意思決定について学ぶには、内田先生がおっしゃる
ようにリーダーの体験談を右脳で感ずることが重要であろう。
posted by うまとら at 13:13| 千葉 ☀| Comment(39) | TrackBack(5) | 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。