2006年04月27日

BSCは業績評価ツールでは無く、マネジメントシステムである。

こんにちは。
うまとらです。

一昨日はバランスト・スコアカード(BSC)の授業でした。
BSCは92年の発表時に業績評価ツールとして登場しました。
ほとんどのBSCの本は、この当時の業績評価ツールとして
のBSCを紹介しています。
だから、一般の方(うまとら含む)はBSCを誤解している
んですよね。
大体、うまとらは戦略マップとバランスト・スコアカードを
ごっちゃにしていました。

BSCは業績評価ツールに留まらず、マネジメントシステム
として活用出来る非常に有効なシステムである。


企業価値の創造を研究テーマとして考えているうまとらには、
非常に刺激的な命題です。

@ミッション(何のために存在するのか)
A価値観(何が大切なのか)
Bビジョン(どうありたいか)
C戦略(競争にかつための戦略)

D戦略マップ(戦略の可視化)
Eバランスト・スコアカード(尺度と集中)


F目標値と実施項目(何をしなければいけないか)
G個人レベルの目標(各自が何をしなければいけないか)
 ↓
H戦略の成果

BSCは上記「論理の連続」のD〜Eの部分にあたります。
キャプランによると、トップダウンの米国企業は@〜Cが得意で、
ボトムアップの日本企業は逆にF〜Gが得意である。
但し、マネジメント・プロセスを司るD〜Eの部分が抜けている。
ここをBSCが補完するのであると。
短期戦略(予算)や戦術の見直しはされるが、中期戦略が見直され
ているケースは少ない。中期戦略もBSCを使ってブラッシュアップ
していくべきである。

いやー刺激的でおもしろいテーマです。
詳細については、授業が進むにつれ報告していきたいと思います。
posted by うまとら at 12:54| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

大学院生活

大変ご無沙汰しております。
うまとらです。

大学院が始まって早2週目。
いやー大変ですわ。

仕事も業務量がx2倍になったのでちょっと大変。
同僚が変わったんですけど、あんまり働く意識が
見られないんですよね。
まあ、年下の方が圧倒的な知識を持っている部署に
来るのは気持ちが良いものではないでしょうが・・・。
ストレスをためないためにも仕事は全て自分でやる
ようにします。
マネージャーだったらそういうわけにもいかないですが、
まだペーペーの身分なので仕事抱えて頑張った方が、
働かない人間の相手をするより楽です。
(とても診断士の言葉とは思えませんね。m(_ _)m)

昨日は、N教授の授業を受けてきましたよ。
うまとら以外でMBAコースの人は全てN教授のゼミ生な
ので、一人だけ疎外感抜群です(^。^/)。
でも、論文の書き方指導をかなりしてくれるので、かなり
単位取って良かったと思っています。
(単位落とさなければですが・・・。)
昨日使った授業の教材を2時間ぐらいで予習したのですが、
全然ダメでした。
読解力と理解力にはまずまず自信があったのですが、あっ
さり自信崩壊_(^^;)ゞ。知恵熱が本当に出そうでした。
更に授業中に無駄な発言もしてしまい、反省\(__ )。
もっと下準備していかないといけませんねー。
授業中、考えすぎて興奮してなかなか寝れませんでした
よ。(~0~)

現在は、月・火・木・土の週4で大学院に行っています。
もう少し更新を頑張ります。
posted by うまとら at 09:19| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

企業価値をどう捉えるか?

おはようございます。
うまとらです。

本日は、大学院のゼミ初回日です。
いきなり課題が出ています。
お題は「企業価値をどう捉えているか?」

企業価値と一言で言っても千差万別です。
意識合わせが必要なので、こういう課題に
なったみたいです。

米国企業価値概念
「株主価値」
価値志向経営(VBN)
「将来のCFを割引き、資本コストを上回る場合に発生」
などなど
手法も多々あります。

うまとらの定義は、修士論文テーマに基づき
M&A時点での企業価値を考えることとします。

ステークホルダーの価値と定義し、構成要素として
有形資産価値、無形資産価値、営業権。
有形・無形資産価値は、B/S上より求められる純資産価値。
無形資産価値は、ノウハウ・ブランド・知的財産等であり、
B/S上に現れない価値を営業権に加味する。
営業権は、企業が将来に獲得するCFのうち現実的な額。

まだまだ荒いので、推敲していきます。
posted by うまとら at 09:13| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

大学院授業スタート

うまとらです。
昨日、早稲田大学大学院商学研究科プロフェッショナル
コースの初回授業を受けてきました。


CFOのための連結財務情報戦略(第1回)

第1回の内容は、大西講師がソニーで一貫して経理部門
に勤められてきたこともあり、ソニーを会計的側面から
見た講義となった。
<要点>
・ソニーの急成長の転換点は、ADR(American Depository
  Receipt=米国預託証券)を1961年日本で始めて発行し
 たことである。
・ADR発行により米国会計基準に基づく、連結財務諸表の
 作成や年2回の会計監査等により、厳格な内部統制と
 連結経営の重要性をトップに認識させることになった。
・ソニーは月毎に連結財務諸表を作成し、連結経営を強く
 意識している。
・PWCの厳しい会計監査により、ソニーの内部統制は
 一層強まることとなった。
・「経営の先駆者は、経理の仕組を経営へ活かす」と言わ
 れるが、盛田氏は正にそれを具現化していた。
・大西講師は、ソニースペインに赴任する際に盛田氏より
 「法律や規則を守って仕事をしてください。」と言われ
 た。これは、スペインの法律を遵守するということだけ
 ではなく、ソニーが全世界の証券市場(最大14市場)に
 上場している国の証券取引法等の全ての法律を遵守する
 必要があると言う意味である。ソニーは、コンプライア
 ンスを遵守する企業文化がある。

<その他>
・講義70〜75分。フリーディスカッション10〜15分。
・出席は取っていませんでした。
posted by うまとら at 12:51| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

久々更新です。

お久しぶりです。
うまとらです。

年度末、年度始めの多忙も昨日で一段落。
やっと落ち着いた時間が取れそうでえす。

土曜日は、大学院の科目登録に行って参りました。

商学研究科の上限単位は28単位です。
モジュールの専門科目が多数あるため、モジュール関係だけで20単位
になってしまい、ほとんど自由度の無い科目登録になってしまいました。

特に、マーケティングと企業データ分析の2科目が登録できないのは残念です!
まあ、仕方ありません。
その替わり、厳しいと評判のN教授の授業を6単位も登録させて頂きました。

春学期は、月・火・木・土の週4日です。
どれだけ出席出来るか微妙な面もありますが、頑張っていきます!
posted by うまとら at 13:11| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。