2005年12月08日

診断士財務の勉強におけるイケカコノートの使用について

おはようございます。
うまとらです。

最近ブロガーで話題の「イケカコノート」について意見を述べておきます。

診断士試験にはオーバースペックです!

「イケカコノート」とは早稲田大学商学部管理会計の大塚宗春先生の
「意思決定会計講義ノート」を指します。

これは公認会計士試験もしくは簿記1級を目指す人を対象に、意思決定会計の
勉強を深く進めるために作られた教科書です。
診断士試験には明らかにオーバースペックです。
来年以降の財務は「基本科目」になるので必要ありません。

財務で落ちたと勘違いされている方や、財務が苦手とされている方が手をつける
傾向にあると思いますが、その前にやることはいっぱいあるでしょう。

原価計算基準にある原価計算の目的は次の通りです。
1企業の出資者、債権者、経営者等のために、過去の一定期間における損益ならびに
 期末における財政状態を財務諸表に表示するために必要な真実の原価を集計すること。
2価格計算に必要な原価資料を提供すること。
3経営管理者の各階層に対して、原価管理に必要な原価資料を提供すること。
4予算の編成ならびに予算統制のために必要な原価資料を提供すること。
5経営の基本計画を設定するに当たり、これに必要な原価情報を提供すること。

この中で意思決定会計とは5を指します。
それ以前に1〜4を知っていないといけないということです。
基本となる工業簿記、原価計算の勉強をせずに意思決定会計だけ良いところ取りする
のは愚かなことです。
まず、簿記2級レベルの工業簿記、原価計算を理解してから意思決定会計をする。

財務会計が苦手な方は、まず基本をしっかりとおさえる必要があります。
特に今年の1、2次試験レベル程度の財務で、失敗したと感じている人はなおさらです。
posted by うまとら at 10:24| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。