2005年12月06日

勉強会の歩き方

おはようございます。
うまとらです。

今週の土曜日に弱小勉強会のガイダンスがあります。
皆様、是非ご参加ください。
昨年の勉強会のスタンスについては、昨年度勉強会メンバーのトシキさんや
オレユニさんのコメントを参考にしてください。

うまとらは大学院受験があるので、残念ながらガイダンスには参加出来ません。
なので、うまとらがどのように勉強会に参加していたか記述しておきます。

初参加は、平成15年度の2次試験が終了したあとです。
焼肉、久助に叩かれて不合格を確信していたので11月に見学をしました。
確か、2次試験の振り返りをやっていたと思います。
生産・財務だったかな?
平成15年度合格者kitaさんと本年度合格者トシキさんの熱い討論にはっきり
言ってビビリました。この人達、レベル高すぎ。不合格の確信が深まったと
いう感じですか。
その時は、お得意の生産事例だったのでそれなりに議論が出来ましたが、
他の事例だと徹底的に叩かれていたでしょうね。

やっぱり平成15年度2次試験はダメだったので、弱小に入りました。

ガイダンス後の勉強会の体験では、平成14年度合格者のごえもんさんより
財務分析について鋭く指摘されました。
「カネ・カネじゃない診断士は。人・モノ・カネと多角的に分析する必要がある。」
この言葉は今でも覚えています。もともと会計系の人間なので、すぐにカネに
走ってしまう傾向にあったのを一発で是正してくれました。

1月末にはkitaさんがねくすと勉強会の会長だったぬっき〜さんを連れて
きてくれました。非常に辛口の喋り口調で危機感を高めてくれました。

が、しかし2月以降6月までは全く勉強会に参加できなくなりました。
なぜなら、仕事で栃木の工場へ常駐することになり勉強どころじゃなかった
からです。月間200時間以上の残業を強いられ、ホテルと工場の往復生活が続きました。
なんとか6月上旬にプロジェクトが終結し、東京に戻ってくることが出来たので
勉強会にも復帰しました。

それからは、弱小勉強会を機軸に置いて学院の7月からのコースに通学。各社模試は
全て受験と遅れを必死に取り戻した。勉強会のメンバーとの議論や各人の解答を
ペースメーカーとして活用しました。
うまとらは、どちらかというと「人は人、自分は自分」のマイペースタイプなので
勉強会のメンバーには迷惑をかけたやも知れません。
まあ、そんなこんなで勉強会でメンバーと切磋琢磨したおかげで9月に入った頃には
合格レベルに達することが出来たんだと思っています。
あとは、10月の試験当日に最高のパフォーマンスを出そうとしてました。直前期には
TVで野球観戦等もしてリラックスしようと努めてました。

弱小の勉強会のスタイルとしては次の形が一般的です。
・事例を解く(宿題・その場パターンの両方有り)
・事例について議論する。
これの繰り返しですね。

議論では結構痛烈な言葉も飛んできます。うまとらは、勉強会は受かるためのもの
という認識だったで、痛烈な言葉はそれほど気にならなったですね。
自分の解答を見て人がどう思うか、また自分の思考パターンが他人とどう違うか
分かることが非常に勉強になりました。
OBのこおたらさんにも解答を批評していただいたりして、非常に勉強になりました。

弱小勉強会のスタンスは、受験生が主導権を握りOBはあくまでオブザーバーの役割
です。勉強会のメンバー次第で、運営方法や議論の方法も変わってきます。
自主的に勉強会に参加して、活発に議論に参加出来る方を求めています。
逆に、受身で情報だけ貰おうという方や、勉強会に遊びに来る方の参加はお断り
させていただきたいと思っております。
やはり、意識の高いメンバーが揃った方が合格する確率も高くなり、勉強会での
メンバーの相互影響力も大きくなると感じています。

うまとらの意見ですがそういった勉強会の趣旨もご理解頂ければと思います。
とりあえずしばらく参加してみて自分にあうかどうか判断して頂ければと思います。
posted by うまとら at 12:02| 千葉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。