2005年11月29日

成績証明書

こんにちは。
うまとらです。

この前、大学院へ出願するために成績証明書を大学で取ってきました。
いやーなつかしいですねo(^o^)oワォ!
こんな授業を受けていたのかと感慨にふけりました。

しっかし語学と一般教養の成績が悪い!
良と可ばっかり。。゛(/><)/ ヒィ
それに対して専門科目は優が結構ありますヽ(´▽`)/へへっ
いかに1.2年の時遊びまわっていたか分かりますね。

それにしても、経済学の科目が多いな〜。
マクロ経済学、経済史、日本経済史、西洋経済史、近代経済史、量的経済学、交通経済学
こんなに授業受けてたのに、なぜ診断士で70点程度しか取れないんだ?

会計学はこんな科目とってたのかって感じです。
簿記原理、管理会計、原価計算

経営学とファイナンス関係の科目が1つも受けていない・・・・。
ちなみにマーケティングは有名な恩蔵大先生より「不可」を頂いております。(だって大学
4年で就職活動中だったんだし。仕方ないじゃん・・・と言訳。)
なんでこんなに偏ってんだ。
う〜ん。学生時代は良く分かってなかったんだな〜と痛感します。_(^^;)ゞイヤー
posted by うまとら at 17:27| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

大学院の願書出しました

こんにちは。
うまとらです。

金曜日、会社を休んで徹夜して「志望理由」と「研究計画書」を作成しました。
急仕上げすぎて、評価はダメダメでしょう。

再来週に小論文の試験があります。
過去2年間の問題を見ると、診断士と同じように課題文を与えられて答える形です。

2時間で2事例6問1800字!

診断士2次試験よりも時間が足りない!
こりゃ厳しいと再認識させられました。

しばらく小論文対策に没頭します。
でも、12月から簿記1級講座が始まるのでそっちもやらないといけません。
結構大変です。
posted by うまとら at 11:16| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社内診断士の方必見!−実務ポイントについて

おはようございます。
うまとらです。

昨日は、実務能力更新研修運営のお手伝いをしていました。

来年度より実務能力研修がなくなります。
実務ポイントを取得するには、実際の中小企業を診断する必要が出てきます。
とりあえず現在診断士の方は、更新に15ポイント必要です。
制度変更後の30ポイントは次回の診断士資格更新後ということになります。

で、何が重要化というと。

今年中に実務能力研修を3回受けて15
ポイント取れば、更新要件を満たすということです。


うまとらは、実務ポイントは問題ないのであまり気にしてませんでした。
そのため、診断協会東京支部の事務局の方から説明されるまで気づきませんでした。

社内診断士の方はまだ間に合いますのですぐに応募を!
1月と2月にも追加募集があるそうですので、診断協会に問い合わせてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.j-smeca.or.jp/
posted by うまとら at 09:18| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | 中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

平成16年事例Tについて

こんにちは。
うまとらです。

先日、印刷業の社長と話をしていて主力がオンデマンド印刷だと
聞いたので、平成16年度事例Tを念頭に置きながら話をしてみ
ました。

うまとら自身は、ほとんど印刷業のことは知りませんでしたので
結構楽しかったですねー。

その会社さんは50年以上の老舗で、やはり元々はフォーム印刷
をやっていたらしいです。社長さん曰く「技術は移り変わるもの。
たとえ、フォーム印刷であっても20年前とは技術は全然違う」
とのことです。

フォーム印刷は斜陽産業であり、それだけで食っていくのは無理
との意見でした。オンデマンド印刷の方は、多種少量生産が可能
であり、中小企業であればオンデマンド印刷をすべきとの判断で
したね。

あと、印刷業は受注するという立場のため受身になりがちだとの
お話でした。積極的な提案型営業が印刷業者に求められていると
おっしゃってました。

まあその会社さんは10億以上の年商があるので、フォーム印刷
をもう一度見直してもいいかなーとおっしゃってましたが・・・。
現実的に見て、平成16年度の事例Tみたいな企業は経営革新や
第二創業を迅速に行いオンデマンド印刷への転換を図る必要が
あるんでしょうね。
posted by うまとら at 13:13| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

結婚かー

おはようございます。
うまとらです。

来週、うちの彼女の実家に挨拶に行く予定なんです。
相手の母親には会ったことがあるけど、父親はありません。
ちょっとずつプレッシャーが掛かってきました。
去年の診断士口述試験の10倍ぐらい(うまとら比)緊張しそうです。。。゛(/><)/ ヒィ

彼女とは披露宴はしなくて良いで一本化してましたが、うちの実家
からは最低限親族は呼べなど、いろいろな注文も出てきました。

そろそろ本格的に調査もしないといけないし、相手の親としっかり
話もしないといけませんねー。(~_~;)
posted by うまとら at 09:20| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

早寝早起?

こんにちは。
うまとらです。

今週簿記検定があるので、ひさびさに勉強をしないといけない状態になっています。
診断士試験のとき、朝型の勉強スタイルで成功した経験から今回も早寝早起きを
目指してみました。

だが・・・、昨日10時に就寝するも起きたのは朝7時。

う〜んぐっすりw(☆o◎)wガーン

ただのダメ人間になってしまいました。
ちゃんとやらないと本当に落ちてしまいそうです。_(++)/.....
posted by うまとら at 12:03| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

敵対的買収・・・ドラッカーの発言から

おはようございます。
うまとらです。

阪神に対する村上氏のコメントがだんだん辛辣になってきましたね。
阪神ファンの感情はどうでもいいですか・・・・。
まあ、確かに資本をもっているわけではありませんからね。

先日お亡くなりになったドラッカーのHBR掲載の論文から

--------------------------------------------------------------------
敵対的買収が株主の利益になるかどうかは議論のわかれるところである。
しかし、副作用が深刻なことだけは疑いない。
もちろんアメリカの経営者が市場シェア、研究開発、製品、サービス、品質、
イノベーションまで犠牲にして、短期的な利益を優先させる傾向を持つのは、
敵対的買収の恐れだけではない。
しかし、それが大きな理由の一つであることは間違いない。

しかも、敵対的買収は、会社に働く者に対するあからさまな攻撃でもある。
たんなる脅威が、経営陣、さらには会社の担い手たるミドルやスペシャリスト
の士気を阻喪させるのは、そこに、富を創造するという地道な仕事に対する
軽侮や、マネーゲームの優位性の誇示がうかがえるからである。

乗っ取り屋は、経営陣には、株主の求めに答える責任があると言う。たしかに
法はそのように定めている。しかしその法は、大会社や経営陣なるものが
生まれるはるか前の十九世紀に生まれたものである。

(中略)

経営陣は何に対して責任を持つか、何をとおして、どのように責任を果たすかが
問題である。たしかに株主の利益は重要である。しかしそれは、いくつかの重要
のものの一つにすぎない。
誠治や経済の歴史を多少なりとも知っているならば、乗っ取りブームで象徴され
る今日の株主絶対主権は、工業化前の資本主義、十九世紀の主張である。株主
至上論は、一九八八年の大統領選におけるポピュリズム的公約、反ウォールスト
リート的主張にもみられたように、多くの人たちにとって正義感に反する。

しかも、七〇年ほど前にソーンスタイン・ヴェブレンが取得本能と名づけたもの
を勤労本能に優先させてしまったのでは、経済活動は成立し得ない。会社とくに
大会社は、長期的な観点からマネジメントしなければ、株主のための利益どころ
か、いかなる経済活動もあげられない。
社員、製品、工場、プロセス、技術、
市場への投資が多少なりとも実を結ぶには、数年の期間を必要とする。
しかも、今日では、雇用、人生、コミュニティなどあまりに多くのものが大会社
に依存している。といって株主の利益を他の利益に従属させるわけにもいかない。
--------------------------------------------------------------------

会社は株式公開した時点で、パブリックな存在になるとうまとらは考えています。
当然、敵対的買収に対抗する手段を持っておくべきです。
村上氏の考えも十二分に納得させられるところが多いです。
ただし、敵対的買収はその当事者にとって多くの犠牲を強いることになります。
そのことが本当に企業価値創造に繋がるのか疑問が多く残ります。
ファンドは利益責任があり、売り抜けという出口戦略が重要でしょう。
但し、そんな短期的利益を追求する輩に阪神タイガースを左右されたくないという
のがうまとらの「感情」です。
ファンは今回の買収劇に「感情」でしか話が出来ないですが、阪神という企業価値
にとって阪神ファンの「感情」も一つの経営資源なのでは無いでしょうか?
posted by うまとら at 05:17| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | M&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

ひさびさに簿記検定受けます。

うまとらです。
更新止まっててすんません。

来年5月に簿記1級を受けようと思ってます。
まあ、久々に簿記をやるので鈍った頭の再生?に2級を今週受けてきます。
ちなみにこの簿記2級は2回合格しています。

最初は大学2年のとき。(10年前やね_(^^;)ゞイヤー)
診断士1次試験の前(だったかな?)

今回合格したら3回目です。

1週間前になってやっと対策本をやりはじめました。
久々に勉強するとすっかり忘れてますね。``r(^^;)ポリポリ

工業簿記だけはしっかり覚えてますが、商業簿記はさんざん・・・。
かならずどっかでミスしてます。
いやー今回はダメかな。(x_x)
posted by うまとら at 17:26| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

ベンチャー支援プロジェクト

おはようございます。
うまとらです。

現在、ベンチャー支援プロジェクトの設立を検討しています。
なんとか賞をいまさら作っても仕方ないので、実用的なことが
出来ないかなーと思っています。
また、民間企業や他公的機関とかぶっても意味が無いですし。

ベンチャー企業支援で重要なのは、やはり投資のための「お金」
かなーと思っています。
もっとも良いのはファンドですが、どうやらうちでやると証券
取引法に引っかかりそうです。
超がつくお金持ちの役員はたくさんいるので、何か良い案を
考えていきたいですねー。

でも、あんまりベンチャーに詳しくないんですよねー。
たまーに創業10年目程度のベンチャーの社長と飲むくらい。
最近M&Aや企業再生ばっかりやっていたので、こういった企業
を支援するにはどうやれば良いのか見当が付いていません。
産学連携もどうかなー。技術的なことに興味が湧かないんですよねー。

いろいろ調査してみようと思います。
posted by うまとら at 15:54| 千葉 | Comment(1) | TrackBack(0) | 中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

大学院受験することにしました。

こんにちは。
うまとらです。

appleさん
yihoo兄さん

コメントありがとうございました。
土曜日に大学まで行って来て、商学研究科の募集要項と説明を
確認してきました。
母校の出身学部である早稲田大学商学研究科専門モジュール
「企業価値の創造と評価」を第一志望として受験することにしました。

理由は、現在の業務である「M&A」や「企業再生」をより
専門的・実務的に研究できることが一番大きいです。
また、専門科目にてアカウンティング・ファイナンスについての
学習を実施することで金融関係の知識の増強と、今後のキャリア
への寄与が大きいと判断しました。

試験科目は小論文です。
昨年と一昨年の問題を見ましたが、非常に難しい。
募集人数は10名程度。倍率は3〜4倍との事。
正直、一ヶ月の試験準備期間では合格はおぼつかないと思われます
が、出来るだけやってみることにします。
診断士の勉強をしたことは活かせる筈です。
posted by うまとら at 15:42| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

フリーター達と飲み会

こんにちは。
うまとらです。

本日は大学時代の友達3人と高田馬場で飲み会です。
なんとスタート17時!
ありえねー!
って感じです。

3人ともフリーターなので自由人なんですよね。
ちょっとうらやましい。
1人は弁護士目指して法科大学院を受験浪人中。
1人は税理士受験浪人中。
1人は本当にニート。

うーん。みんな働こうよ。
posted by うまとら at 16:31| 千葉 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

節税対策は企業価値を下げる

おはようございます。
うまとらです。

M&Aの話です。
一般的に中小企業は諸々の節税対策をしています。
明らかにあやしい決算時期が違う子会社がある会社もよく見かけます。

M&A相談の際に中小企業のオーナーに節税対策は逆効果だと言う事を
よく説明します。
節税効果をすると経常利益額が減少することになります。
一般的な企業価値の算定方法は、
時価純資産法+3期分経常利益
です。
節税対策が仇となって安価な価格でしか会社の価値が付かないといった
ことも往々にしてあります。
最近は、金融機関の融資が甘いので借入金を増加させている会社も多い
ですが、これもM&Aにはよくありません。
買手から見ると、買収金額+借入金が投資額となります。
借入金は資本と同じような感覚の中小企業の経営者も多いですが、M&A
にはよくありません。

税理士が節税対策を進言するのは分かりますが、中期計画や事業計画の
コンサルティングをしている中小企業診断士がよくそのことを分かって
おらずM&Aをするのにも関わらず節税対策を進言しているケースも
あり、ここはしっかりと認識いただきたいものです。

posted by うまとら at 11:33| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | M&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

大学院入試について

おはようございます。
うまとらです。

月末月初の多忙の中、更新をさぼってしまいました。

Yihoo兄様にアドバイスを頂き、引き続き大学院の検討をしています。
早稲田大学商学研究科
早稲田大学ファイナンス研究科
首都大学東京 経営大学院
筑波大学社会人大学院
が有力候補です。

この中で、筑波大学は今期の出願は終了しています。
更に試験に英語があるので、来年受験するのならかなり勉強する必要があります。

母校の早稲田は商学研究科の募集モジュール「企業価値の創造と評価」に非常に興味があります。
M&Aや企業再生、中小企業経営を研究テーマとしたいと考えており、合致するのではと思って
おります。
但し、まだ募集要項が届いていないので本当に内容が合致するか吟味する必要があります。

ファイナンス研究科は募集要項が届いて検討しています。
カリキュラムと教授陣はすばらしいものがあります。
非常に興味を惹かれています。(やっぱり受講料320万円は痛いですが・・・。)
おそらく学生は、金融やコンサルタント一線級の方々だと思います。
自分の実力がそれら専門の方々とディスカッションできるレベルか考えると疑問符がつきます。
あと、「数学」(統計等)を知らない。
高校の時しっかり勉強していないため、今でも引け目が残っています。(大学受験の時、国公立
の2次に数学が無い学校ばっかリストアップして受験したりしたため。)
議論が出来るレベルと数学等々を考えると、今年の募集では無く一年間基礎力を付けてから
来年受験する方が良いかも知れません。
焦ることも無いですし、証券アナリスト(一次レベル)や基本的な数学、AFP程度の勉強を
してから通った方が自分にとっても有益かなとも思います。

首都大学東京も検討中です。
早稲田ファイナンスの方が魅力的ですが、こちらはMBAカリキュラムのため全体的な勉強を
出来る利点があります。特に今のレベルを総合的にアップするのに非常に適しているのではない
かなと思っています。
M&Aや企業再生、中小企業経営といったテーマで論文を作成していく方向も非常に有益と
考えています。
ターゲット層に「公的機関だが民間経営を知るべき管理者」が入っており、自分にも合致する
ところが多いです。授業料も魅力の一つです。
でも、一番の問題点は受験日!
11/26なのですが、その日は診断士更新研修の運営委員の仕事を請けおってました。
ここで不義理をすると二度と診断協会に関われなくなるでしょうから、残念ですが断念の方向に
なりそうです。本当に残念。

posted by うまとら at 11:49| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。